トップページ >  ニキビ皮膚科Q&A >  ニキビ跡は皮膚科と美容皮膚科どっち?

Q.ニキビ痕は皮膚科と美容皮膚科どっちで治療するのがいい?

A.ニキビ痕に治療については美容皮膚科のほうがおすすめです。


ニキビは肌の病気ですから、ニキビ跡はその病気の後遺症とも言えるものになります。


腕を骨折して、骨折が治った後で、腕が思うように動かなかったら骨折の後遺症を治すためにリハビリ専用の施設にいくのが普通だと思います。それと同じで、ニキビ跡も改善するのであれば、それを専門に行なっているところで治療するのが一番です。


もちろん、皮膚科でもニキビ跡の治療を行なっているところもありますが、皮膚科と言うのは、基本的には病気を治すところであって、肌を美しくするといった治療に対してはそれほど積極的ではありません。


あくまでも、病気を治療して完治させるのが目的です。


それを考えると、美容皮膚科や美容外科は、「ニキビをただ治すのではなく、きれいに治す」という視点を治療に盛り込んでいるので、ニキビ痕に対する治療メニューが充実している特徴があります。


ですから、ニキビ痕(赤み・色素沈着・凸凹)が出来てしまったのなら、美容皮膚科であったり、美容外科に行ったほうが、親身になって相談に乗ってくれますし、きれいに改善するための方法を紹介してくれるはずです。


<赤みや色素沈着といった軽症のニキビ痕の治療方法>


● トレチノイン・ハイドロキノン療法
● 高濃度ビタミンCイオン導入
● ケミカルピーリング
● フォトフェイシャル
● フォトRF(オーロラ)


<クレーター状の凸凹が残った重症のニキビ痕の治療方法>


● フラクショナルレーザー
● サーマクール
● ダーマローラー
● FGF治療
● 培養表皮移植


また、フェイシャルエステなどには、ニキビコースというのがあり、美容クリニックと同じような治療メニューを行っていることがありますが、エステは医療機関ではないので、肌に変化を及ぼすような効果がある機器は使用できません。


つまり、美容外科などと同じような治療機器を使っていたとしても、出力が弱いので、全く効果がない、とは言いませんが、効果が薄くあまりやる意味がないというのが実情です。


肌の病気であるニキビとその後遺症であるニキビ跡は、医療機関で治すのがベストです。