トップページ > ディフェリンゲルとダラシンTゲル > ディフェリンゲルとダラシンTゲル~ニキビに効く外用薬・塗り薬

ディフェリンゲルとダラシンTゲル~ニキビに効く外用薬・塗り薬

ニキビができたら皮膚科に行こう!という根拠になっているのは、ディフェリンゲルとダラシンTゲルといった外用レチノイド、抗菌薬での効果的な治療が受けられるようになったからです。


これまで日本のニキビ治療は世界に比べると遅れており、海外ではニキビ治療薬として当たり前に使われていたディフェリンゲルを保険適用で使えるようになったのが2008年のことなんです。


ディフェリンゲルが出てくるまで、抗菌剤の内服と外用ぐらいしか治療法がなかったわけですが、ニキビの原因菌のなかには 薬剤耐性菌もでてきはじめたこともあり、効果が怪しくなってきていた状態でした。


そういう事情もあって、外用レチノイドの医療現場への導入が叫ばれていたわけですが、2008年に認可が下りたということで日本のニキビ治療もやっと世界標準に追いついたわけです。


ディフェリンゲルとは、日本初の外用レチノイドの保険適用のニキビ治療薬です。ディフェリンゲルというのは商品名で、ニキビに効く有効成分「アダパレン」を含有しています。


(外用レチノイド=アダパレン=ディフェリンゲル、全部同じです。)


ディフェリンゲルに含有されているアダパレンには、角質を剥がす作用があり、表皮の状態を正常値にしてくれる効果があります。角質が剥がれれば、表皮の角化を防ぐことが出来るので、毛穴詰まりやニキビを防ぐことができます。


多くの場合、ディフェリンゲルを使うことで皮膚刺激や赤み、乾燥などが生じるため、副作用がきついと思いがちなんですが、これは医学的にいうと随伴症状というもので、薬の影響によってやむなくでてくるものであり、副作用ではありません。


保湿ローションなどで対応する必要はありますが、肌にとってトラブルということではないので、一定の期間、様子をみて、我慢をすれば、ニキビをきれいに改善することが出来ます。


そんな、ディフェリンゲルとセットで処方されることが多いのが次に解説するダラシンTゲルです。


ダラシンTゲルも、皮膚科でよく処方される治療薬のひとつで、細菌がタンパク質を合成するのを防ぐ効果がある外用抗菌剤です。非常に強い殺菌作用があります。


そのため、化膿による炎症を起こしている状態のニキビの治療や予防のために使われることが多いです。ダラシンTゲルもディフェリンゲルと同様に、赤みやつっぱり感、痒みや刺激感といった随伴症状が現れることがあります。


どちらの治療薬も、ニキビに対してはとても効果があるものですが、炎症が肌の深い部分を傷つけて痕になってしまったニキビ痕を治せるものではありません。なので、ニキビ痕の治療にはたいした効果は発揮しません。


ただ、ニキビ痕は繰り返し炎症を伴うニキビを発症するほど残る可能性があることを考えると悪化するまえにディフェリンゲルとダラシンTゲルでしっかりニキビを治すことがニキビ痕を残さないようにするための予防にはなります。


そういう意味ではニキビの治療、ニキビ痕の予防ということでディフェリンゲルとダラシンTゲルのどちらの薬もそういう意味では効果があると言えると思います。