トップページ > イオウカンフルローション > イオウカンフルローション~炎症ニキビにも有効です。

イオウカンフルローション~炎症ニキビにも有効です。

イオウカンフルローションと言うのは、イオウとカンフルを混合したローションのことで、昔からニキビ治療薬として皮膚科で処方されている外用薬の一つです。


イオウ(硫黄)には、角質を軟化させて角質を剥がれやすくしてくれる作用があります。


ニキビは角質が硬化して毛穴をふさいでしまい、そこに皮脂や老廃物などの汚れが溜まることでできるものなので毛穴をふさぐ、角質を取り去るというイオウの効果はニキビ治療に効果的なんです。


また、もうひとつイオウには殺菌作用もあるので、アクネ菌などニキビの原因菌となる雑菌の増殖も防いでくれる効果もあります。一石二鳥の効果があると覚えておいてください。


イオウと一緒に配合されているカンフルには抗炎症作用があります。


ニキビが進行すると、アクネ菌などによって炎症が起こり始めますが、適切な処置をしないと炎症が広がっていきます。それが深層部の真皮にまで広がると、皮膚細胞が破壊されてしまうため、醜い凸凹のニキビ痕が残ってしまう可能性がでてきます。


そのためニキビ治療は炎症を起こす前に治す、炎症してしまったらすぐに抑えるということが大切になるわけですが、イオウカンフルローションは、カンフルの抗炎症作用によって、炎症が広がるのを抑えることができるので凸凹のニキビ痕を予防することが出来るというわけです。


できてしまったニキビを改善しながら、ニキビ痕ができないように予防してくれるというのがイオウカンフルローションの特徴だということですね。


ただ、最近はディフェリンゲルとダラシンTゲルが処方されることが圧倒的に多いので、イオウカンフルローションが処方される機会が減ってきています。理由としては使った後の乾燥ひどいため、逆に肌荒れを起こしたり、皮膚が角化異常を起こしてしまうリスクがあるからです。


昔からニキビの治療に使われてきた薬ですし、効果もありますが、安心、安全、効果の3点から見ると、ディフェリンゲルとダラシンTゲルのセットで治療するほうに分がありそうです。