トップページ >  赤み・色素沈着のニキビ跡治療 >  高濃度ビタミンCイオン導入

高濃度ビタミンCイオン導入~針を使わない注射

美肌効果に優れたビタミンCはニキビに対しても非常に有効です。


● 皮脂の分泌を抑制する作用
● メラニンを還元する作用
● コラーゲンを生成を促進する作用
● 毛穴引締め作用


こうしたビタミンCの効果にあずかろうとビタミンCを配合した化粧水や美容液は販売されていますが、ビタミンCというのは、そのままでは分子量が大きく、肌に塗っても浸透していきません。


また、浸透性が悪いだけでなく、空気に触れると酸化してしまったり、水に溶けると活性を失ってしまうということもあり、化粧品の成分としては非常に安定性が悪いという特徴があります。


そこから生まれたのが浸透性や安定性の問題をクリアしたビタミンC誘導体です。


ビタミンC誘導体は、角質層への透過を高め浸透しやすくし、メラニン色素に近い距離になったら、ビタミンCに変化するという特徴があります。これは酵素反応によるものなのですが、その効果は長時間持続してくれるので、ニキビの改善に効果的なんですね。


このビタミンC誘導体を単純に肌につけるよりも何十倍も浸透させることができるのがイオン導入です。皮膚に微弱な電流を流しイオン化することで、有効成分の浸透力を高めるという治療法です。


美容医療のなかでは特別な治療法というよりは、電流や超音波の力を借りて有効成分をお肌に届けるちょっと贅沢なスキンケアといったものですが、「針を使わない注射」といわれるぐらい体内に有効成分を入れられるのが最大のメリット。


イオン導入をすれば化粧品では到底浸透させられない高濃度のビタミンCを副作用なく、肌の奥深くに浸透させることができるのでニキビやニキビ痕にはもちろん、シミ、しわ、たるみといった肌トラブル全般を改善してくれます。


1回だけでも肌の状態はだいぶ違いますが、継続的に行うことでより確実に実感を得られますし、ケミカルピーリングなどの治療と組み合わせるとさらに効果的です。


皮膚科、美容皮膚科で行うことができ、1回3,000円~1万円で、保険は適用外です。