トップページ > フラクショナルレーザー > フラクショナルレーザー~凸凹ニキビ痕の最新治療法

フラクショナルレーザー~凸凹ニキビ痕の最新治療法

フラクショナルレーザーはこれまでのレーザー治療では治せなかったニキビ跡をはじめ、傷跡や妊娠線といったものもきれいにできると評判の最先端のレーザー治療です。


フラクショナルレーザーで肌がきれいになる仕組みですが、人工的に肌に傷を作ることで、周囲の正常組織の傷を治そうとする自然治癒力を引き出して皮膚組織を再生させるというもの。


より具体的に説明すると、レーザーを照射することで表皮や真皮に微小な傷を無数につけます。すると傷をつけられた組織は収縮し、その周囲の正常な組織はその傷を治そうという働きが活性化します。


そのときにコラーゲンやエラスチン、それから表皮といった組織や成分が増殖して再構築されるため、炎症ニキビによって傷つき凸凹になった表皮や真皮が修復・再生されて、きれいでなめらかな肌に生まれ変わるというわけなんです。


レーザー治療というと組織を壊したり、焼いたりといったイメージがありますが、それはシミ治療などに使われるレーザー(Qスイッチルビーレーザー、炭酸ガスレーザー)の場合です。


フラクショナルレーザーは、そうしたレーザーとは異なるもので、説明したように肌が本来持っている自然治癒力を利用し、「肌の入れ替え」を促進する治療法ですから、安全ですし、ダウンタイムなどが短いという特徴があります。


そして、光治療などと比べると、確実な効果が期待できるという点も魅力です。


フラクショナルレーザーには種類があり、フラクセルとアファームの2つが有名です。ニキビ痕の治療により効果を発揮するのはフラクセルのほうで、ニキビ痕と一緒にたるみ毛穴、たるみ、シミ予防とマルチに効果を発揮してくれます。


最近はより、肌への負担を少なくしてダウンタイムを短くした最新のフラクショナルレーザー機器を導入している美容クリニックも増えているのでチェックしてみてください。ただ、まだフラクショナルレーザーの王様といわれるのは「フラクセル」のようです。


治療を受ける上での注意点ですが、術中の痛みはもちろん、術後の痛み、腫れ、赤みといったものがあります。2~5日程度で収まるのが普通ですが、肌の乾燥は10日前後続くようです。


1回の施術でもかなり肌の状態は改善(10~20%の肌が入れ替わる)できますが、凸凹のニキビ痕をきっちり治そうと思ったら1ヶ月に1回程度で、4〜6回継続して治療を行う必要があります。


一番気になる治療にかかる費用ですが、1回あたり3~6万といったところが目安。当然これより安いところもあれば高いところもあるので、美容クリニック選びは大変だと思います。あくまで医療行為なので価格だけで決めるのも怖いですし。



実際の治療はこんな感じです。